■原発ってなくせるの? 教えて自然エネルギー

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

知っていますか? 日本の自然エネルギーの大きな可能性。

現在の技術水準や社会的な制約なども考慮し、実際のエネルギーとなり得る資源量(エネルギー導入ポテンシャル)は、太陽光、中小水力、地熱、風力だけでも、20億キロワット以上と推定されています(環境省など)。これは、日本にある発電設備の電力供給能力の約10倍、原発54基の発電能力の約40倍です。原発の発電能力は全体で4885万キロワットですが、太陽電池パネルを全国的規模で公共施設や工場、耕作放棄地などの低・未利用地に設置すれば1億~1億5000万キロワット、洋上風力発電では6000万~16億キロワットの導入ポテンシャルがあると推計されています。この豊かな可能性を現実のエネルギーとして実用化するとりくみをすすめます。

 

 

■放射能の被害が不安。名古屋の被曝線量はどのくらい?

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

日本共産党北西地区委員会では、毎日事務所前の道路に線量計を持って放射線量を測定しています。皆さんに公開していますので、気になる方はチェックしてね!また、身の周りで気になる場所があれば、線量計を持って出張測定承ります。お気軽にご相談ください。(名古屋市中区、北区、西区にお住まいの方)

  測定日     天候     測定値  

3月26日

曇時々晴 0.079μCv/時

1時間あたりの被曝許容線量計算 1000mm÷365÷24=0.114

 

 

■食品による内部被曝から子供を守りたい。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 東電福島原発事故にともなう食品汚染が、当初の野菜や水、茶葉などのヨウ素による汚染から、より半減期の長いセシウムによる汚染、肉牛の内部被ばくへと表れ方が広がっています。汚染対象の拡大や、小さな魚を食べる大型魚への集積などが懸念されます。

 事故の収束に全力をあげるとともに、食品の安全を守るために、外部被ばくはもちろん内部被ばくについても、より徹底した調査が不可欠です。

 

食の安全を考える学習会や、測定施設のサイトをご紹介

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

○食の安全を考えるつどい

放射線内部被曝から子どもを守るために!

日時:2月19日(日)

場所:めいほく保育園1階ホール

主催:なごや北・子育てのつどい実行委員会

 

学習DVD-----------------------

○ヒロシマから始まった内部被曝

○チェルノブイリから学ぶ・子供たちへの影響

○内部被曝による発癌作用

○低量内部被曝と発癌のメカニズム

○子供を内部被曝から守る親たちのネットワーク

○内部被曝から命を守る食生活の知恵

○9・19さよなら原発集会の発言

 

専門家との座談会-----------------------

講師:くれまつ順子

(名古屋大学理学部科学科卒、めいきん生協商品検査室、

東海コープ、商品安全調査元名古屋市市会議)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

○測定施設や名古屋市の見解を紹介

愛知県議会議員

わしの恵子

名古屋市会議員

青木とも子
西山あさみ

国会議員

たけだ良介
もとむら伸子
しまづ幸広