■被災地の現状を知りたい!

■ 途切れることなく支援が求められていることを実感

■ 一人は小さな力だけど、みんなが集まれば希望を与えられる

■ 被災地の現実目の当たりにし価値観転換必要

■ 大切なことは、世界をかえること

 

 

 

■被災三県の今を知ろう!

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

政府は、福島第一原発事故収束宣言を出し、日々被災者の生活の報道が減っていくなかで、被災地の状況を詳しくそして正しく知るために、下記サイトをぜひご利用ください。

■東日本大震災救援募金をひきつづき募集!

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

○共産党に寄せられた募金総額は、9億3千万円

○共産党を通じてボランティアに派遣された方は2万1千人超える

2011.12月現在

◆各自治体へ直接お届けしました

83の自治体

○22の農協

46の漁協

14の商工会議所

○42の消防団

○37の商工会

※これらに諸団体へ直接お届けし、懇談、交流をつづけています。

◆義援金の中から一部を物資にかえて

○放射線測定器150台

○湯たんぽ1000個

◆物資の支援も寄せられています

○暖房器具

○お米など食料品

 救援募金はその他、救援物資の購入・輸送、救援活動用資材など、ボランティア活動経費として、被災地・被災者の要望にこたえるために活用されています。

 

 日本共産党は、3次にわたる「提言」を政府に提起し、国会、地方議会と全国の党組織の奮闘で、「二重ローン」問題の解決や医療機関の再建にむけて政治を動かしてきました。放射能除染問題では「国が責任をもって対応する」と約束させました。しかし、被災者の生活再建は大きく立ちおくれ、復興への道のりは長期のたたかいになります。

ひきつづきご支援、ご協力を心からお願いします!

衆院比例東海ブロック予定候補

大野ひろみつ
衆院選比例東海ブロック予定候補

愛知県議会議員

わしの恵子

名古屋市会議員

青木とも子
西山あさみ

国会議員

たけだ良介
もとむら伸子
しまづ幸広