---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

■途切れることなく支援が求められていることを実感

北区在住 60代 男性

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

北西地区の党員と協力者の真心の支援物資を満載した愛車キャラバンで、約780キロ先の仙台へ行って来ました。

被災地の2軒の農家での津波汚泥の除去作業と、7日午前中の津波被害地3集落での支援物資の配布を行いました。

地元市議に要請があった場所で、市議の先導で宣伝車を含む5台の車に物資を積み、事前にビラ入れをし、当日マイク宣伝をして配布を行いました、各所では多くの人々が集まり、少ない時間の中で多くの物品を引き取っていきました。特に3カ所目では多くの人が参加したために、食品はすぐに無くなり他の品々も殆ど無くなりました。まだ食物を始めとする物が不足していることを実感しました。夏そして4ヶ月先からの冬支援の手を切れることなく強化しましょう。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

■一人は小さな力だけど、みんなが集まれば希望を与えられる

北区在住 60代 男性 
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
6月5日() 正午に名古屋を出発、車は2台(1台は支援物資を満載、1台は5人分乗)で仙台のビジネスホテルに着いたのが夜10時すぎです。(走行距離約700km)

私たちボランティアの仕事は、津波によりビニールハウスに入った泥をスコップで取り除く仕事です。1日目の仕事は、亘理町(わたり町)のイチゴ農家畑、2日目はカーネーション農家畑です。

ビニールハウス内のイチゴ畑の泥は、塩分を含み石のように固まり瓦の様な形をしている。スコップで掘り起こし、1輪車で運び出す作業です。 ハウス内は暑く、防塵マスクをしていると結構息苦しい、1輪車も馴れてないので、右へ左へとふらつき思うように前に進まず悪戦苦闘。しかし、時間とともに作業にも馴れ、人数が多いから見る見るうちに片づき、きれいになった畝がいくつも並びだす。これで来年イチゴが出来るかなと思うとまた元気が出てくる。

農家の方にはずいぶん気を使っていただいた。休憩時には冷たい飲み物、昼休みは自家製の漬物のなど差し入れていただく、心づかいから感謝の気持ちが伝わってくる。帰りには整ったハウスの畝を見た農家の方から笑顔で「助けていただきありがとう」と言われ。私たちの馴れない作業が少しは役に立てたと思え「ボランティア活動に来て良かった」そんな思いを強くした。

1人では小さな力かもしれないが、多く方が参加すれば作業もはかどり、農家の方に元気と希望を与えられると思います。現地ではまだまだ人の手が必要とされています。是非ボランティア活動に参加を!

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

■被災地の現実目の当たりにし価値観転換必要

北区在住 60代 男性

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

6月5~8日(5・8の2日は名古屋、宮城往復の移動日)。 6日はイチゴ農家・7日はカーネーション農家の津波による塩分の含んだ屋根瓦の様な断片を一輪車(ネコ、と言っていた)山積にして、指定の場所に運搬する作業だった。

慣れない作業でマスクをして居る事で息苦しい・お天気に恵まれ?暑い、「東北二被災シタ人アラバ行ッテ畑ノ断片ヲ片付ケ」(宮沢賢治の雨ニモマケズに不謹慎にも一行加えた)こんな気持ちでボランティアに参加したが、若者達について行くだけが精いっぱいの自分を悔やんだのが現実だった。被災地には色々な条件が有ろうと思うが、手つかずの状況が見て取れる、一方国会では管総理降ろし在り来と空しい。

原発に頼らない国創り・生活設計・経済大国3位でなくてもいい、多少不自由でもいい。子孫に放射能の害を受け継がせるよりも。今 価値観の転換が迫られて居る時と思います。

 

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 

■大切なことは、世界をかえること

北区在住 30代 男性

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2キロか3キロ先にある海の方で、津波が起きたからといって自分の所まで波が来るとは誰も思わないと思う。黒川辺りを歩いていて、2キロも離れた大曽根駅で津波が起きたからといって、誰が逃げようと思うだろうか。

海岸から2キロほど離れた、とある年配の女性宅に高さ2メートル程の波が押し寄せた。屋内の壁には、自分の背丈よりも随分と高い位置に波の跡がくっきりと残っていた・膝ががくがくと震えて、恐怖のあまり汗が冷たくなった。それは、今まで抱いたことのないような恐怖心にあったに思う。

漠然と抱いている常識や信頼が、ぶち壊されたのだと思う。今回の地震や大津波でぶち壊されたのだと思う。常識や信頼の底がごそっと抜けたのだと思う。底の無い沼にずぶっと嵌まり込んだんだと思う。 人生とは苦悩と絶望の連続だと、ショウペンハウアーは言った。東北での現実を目の当たりにすれば、確かにそうだとも思える。だが、荒れ果てた田地を見て「何とかしなければ」と思ったのも又事実であった。

「大切なことは、世界を変えて行くことだ(es kommt daraufu an,sie zu veranderan )と言ったのは、マルクスにあった。

 

愛知県議会議員

わしの恵子

名古屋市会議員

青木とも子
西山あさみ

国会議員

たけだ良介
もとむら伸子
しまづ幸広